宮崎正弘のプロフィール

ジョージア(グルジア)の首都にて。遠景に見える宮殿は大統領官邸。2015年秋頃。
ジョージア(グルジア)の首都にて。遠景に見える宮殿は大統領官邸。2015年秋頃。

宮崎正弘(みやざき まさひろ)。評論家、作家。

 昭和21年金沢生まれ。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長を経て、貿易会社を経営。83年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ。

 国際政治、経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論やルポルタージュに定評があり、同時に中国ウォッチャーの第一人者として健筆を振るう。文藝評論家の顔もあり、三島由紀夫を論じた『三島由紀夫「以後」』、『三島由紀夫の現場』(並木書房)など三部作は資料的価値が高いと文壇でも評価された。

 中国に関する著作は五冊が中国語に翻訳されている。

 代表作に『拉致』(徳間文庫)『中国大分裂』(文藝春秋)『出身地で分かる中国人』(PHP新書)など。最新作は『中国権力闘争 共産党三大派閥のいま』(文芸社)など。

waku
<宮崎正弘年譜>へ

表紙

Eメール
yukokuki@hotmail.com

2000-2016 MIYAZAKI MASAHIRO All Rights Reserved